非透明鱗3色〜あけぼの〜

非透明鱗3色とは、従来の透明鱗を利用した3色とは3色の表現が違います。
従来の透明鱗の3色は透明鱗で色素を抜き白く見える部分をつくり、3色を表現しています。
透明鱗3色の赤部位は濃い傾向にありますが、白の部分は透明鱗により白く見せているためぼやけたりはっきりしません。
黒の部分はしっかりした黒が入らない傾向があります。

この非透明鱗3色が出現したことにより従来の透明鱗3色では透明で白をごまかしていた部位がしっかりしており、黒柄もしっかり乗るようになりました。

従来の透明鱗3色は固定率も低めでしたがでは当店では非透明鱗3色あけぼの血統にて大体8割方3色又は2色になっております。
しばらく白錦のような個体なのですがMサイズあたりから突然スイッチが入ったかのように赤が入り出し、白錦ばかりだった容器全てが華やかになります。
※本当にある日を境に赤が入りだすのでこれには驚きました。
また、透明鱗3色より強靭な傾向があり非常に育てやすく思います。

是非この機会に透明鱗3色から非透明鱗3色に移行されてみてはいかがでしょうか?